MENU

逆効果です【辛い食事制限は良くない理由】

f:id:himii:20200613224752p:plain

ストイックに頑張っていると一時的には痩せていきます。

 

とはいえ、無理な方法はほぼ100%リバウンドします。
そして心と体にストレスを与えると、痩せにくくなる体質に変わっていきます。

残酷ですが、痩せたいと頑張りすぎると逆効果になります。

 

スリムで若々しい人は、極端に食事制限とか運動をやっている印象ですか?

そこは違いますよね。

 

結論を簡単にまとめると、

 ・「食事制限はほどほどに」

 ・「空腹状態に注意する」

 ・「栄養バランスが大切」

以上3点です。

 

これからダイエットを頑張ろうと思っている方は押さえておきましょう。

痩せたいなら食べて良いです

f:id:himii:20200613225755p:plain

食べても良いというと、真逆の思考だと思った方もいると思いますが、事実です。
とはいえ、食べ過ぎるのは論外です。

 

食べるとカロリーが消費される

食べ物を消化するときが実は一番カロリーを消費します。

 

食事をしたときに上着を脱いだり、汗をかくことがあると思います。

それは食事によって代謝が上がっているからです。

断食は基礎代謝がさがる

内蔵の活動が最も日常生活でカロリーを消費します。
(※食べたものを消化する等)

 

断食とか、食事制限を頑張りすぎると体が生命の危機を感じます。

すると、基礎代謝を下げてカロリーの消費を減らそうとします。

こうなると、いくら頑張っても痩せにくい体質になります。
(体が痩せないようにブレーキをかける為です)

 

バランスが大切

食べすぎも、断食も続けていると太る体質になってしまうでしょう。
朝昼夕と、食べ過ぎないようにします。

ちゃんとしていても太る人は睡眠や姿勢を見直しましょう。
ここは別記事で解説しています。

 

他にも、栄養のバランスも大切です。

まんべんなく栄養素を取ることで、満腹感を得られます。

体は足りない栄養があるとそれを補おうと食欲が増加します。

食事の感覚を空けすぎるのもNG

昼食を12時に食べたとして、夕食が22時とかだと間隔が空きすぎですね。

昼食と夕食の間で体が飢餓状態になります。

 

この場合、夕食で食べるものをすべて脂肪として蓄える機能が働きます。

 

解決策としては、夕食の量をへらして、減らした分を軽食として間に挟んでみましょう。

ちょうどよい物に置き換える

栄養がバランス良く入っているものに食事を置き換えるとストレスなく

続けることができます。

間食用としても使うことができます。

 

普通にキャベツとか、スルメとかでも良いですが、続けられる物でなおかつ栄養バランスが良いものを選びましょう。

 

バランスが悪いと、肌荒れとかの原因になります。

例えばこういうのです↓

栄養のバランスが良いため、空腹になりにくく続けやすいものをチョイスしてみましょう。

ストレスで痩せない体質に

f:id:himii:20200613231647p:plain

ストイックに頑張っていると一時的には痩せていきます。

しかし、一度説明しましたが、ストレスを感じると体の防衛本能で痩せにくい体質に変わります。
ここでいうストレスとは、心のストレスももちろん当てはまります。

それ以外でも「食べ過ぎ」「食べなさすぎ」による内蔵のストレス・過剰な運動による体のストレスも含まれます。

詳しくは基礎代謝について解説している記事でどうぞ。

まとめ

無理な食事制限を行うことで、やった感は感じますね。
とはいえ、身体の構造からみれば、それはまやかしです。

生物として、負担を回避するための防衛本能が痩せないように働きます。
なので、食事制限はほどほどに、別の何かに置き換えたりして対応するようにしましょう。
何事も、継続です。
流行や胡散臭いものには根拠がないものが多いと思います。
今回は以上です。