MENU

インフルエンザと風邪の見分け方・予防の方法

インフルエンザと風の見分け方

 秋口から冬場にかけて、空気が乾燥してくると「風邪」・「インフルエンザ」・「感染症腸炎」等様々な病気が流行してきます。

 

例年は、12月~3月辺までが流行のピークとなります。

その為、インフルエンザの予防摂取は12月間でを目処に、また普段から適切な生活習慣を自然と身につけるように意識しましょう。

 

年末年始や、年度末等、忙しい時期に病気にかかってしまったら、家庭や仕事で

自分以外の人にも迷惑をかけてしまいます。

また、受験のシーズンと重なる為、受験を控えている人はその後の試験に大きな影響が出てしまうこともありうるでしょう。

 

インフルエンザは非常に感染力が強い為、大切な家族にも感染してしまう恐れがあります。

 

インフルエンザと風邪の違い

普通の風邪はアデノウイルス、RSウイルス等、様々なウイルスによって引き起こされます。

普通は3日~、長くても1週間程度で治ります。

 

インフルエンザは、インフルエンザウイルスA型 B型 C型というウイルスに感染することで発症します。

突然の高熱、全身の倦怠感や強い悪寒等、突然強い症状が現れる事が特徴です。

また、普通の風邪のような鼻水や咳も出始めます。

放置しておくと、体力のない幼児や高齢者は、肺炎等に重篤化していく恐れがあります。

普通の風邪の症状

【感染経路】

空気感染、飛沫感染接触感染

【潜伏期間

5日~6日

【発症期間】

3日以内、長くて1週間

【症状の部位】

局所(のど、鼻)

【症状の進行】

ゆるやか

【発熱】

37度~38度くらい

【せき、頭痛、関節痛】

軽い

 

インフルエンザの症状

【感染経路】

咳、くしゃみ等の飛沫感染

【潜伏期間】

1日~2日

【発症期間】

10日程度

【症状の部位】

全身

【症状の進行】

急激

【発熱】

突然の高熱(40度前後)

38度を超える上昇

【せき、頭痛、関節痛】

強い 

 

予防方法 

インフルエンザ予防方法

インフルエンザ予防接種

インフルエンザのワクチンは、発症したときのい症状を重症化させないための物です。

そのシーズンに流行が予測されるウイルスに併せて作れれている為、

毎年の予防接種が必要です。

接種後、1~2週間で効果が現れます。

効果は、5ヶ月ほど持続すると言われています。

流行のピークを迎える前の、12月中には接種しましょう!

 

まめな手洗い(アルコール消毒も効果的)

手洗いは、手や指についたウイルスを物理的に洗い流す(除去)のに効果的です。

インフルエンザに限らず、接触飛沫感染等の感染対策の基本です。

アルコール消毒も効果的です。

普段から、家の掃除や手指の消毒等に積極的に使う癖をつけましょう。

加湿器で湿度を50~60%に保つ

空気が乾燥していると、ウイルスが浮遊しやすくなります。

また、喉の粘膜の機能が低下して、ウイルスに感染し易くなります。

ウイルスの活動をよくしすることと、免疫を機能させる為に、

加湿器で湿度を50%~60%に保ちましょう。

睡眠と栄養で抵抗力UP

十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけましょう。

身体の抵抗力を高めるには、たんぱく質を。

たんぱく質の働きを高めるためにビタミンを接種します。

(牛乳、卵、人参、ほうれん草、りんご、みかん 等)

人が多い場への外出時はマスク着用

インフルエンザが流行してくると、街中にはウイルスが飛んでいることが考えられます。

特に「睡眠不足」や「体調不良」「高齢者」「妊婦の方」は人が多い場所へ行く

際は、マスクを着用しましょう。

 

引用

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

水と塩だけで簡単に高濃度除菌

今話題となっているの除菌が、水と塩をいれるだけで作れる次亜塩素酸生成機です。

企業HPでは売り切れとなっている場合もあります。

空気中のウイルスの除去、消臭、日用品の消毒等。

水と塩で無限に作ることができるので、1個買っておけば、

冬場はウイルス対策に使えます。

夏場は汗などの消臭や除菌に。

普段はトイレやキッチン等の掃除に、多彩な使い方ができます。

 

 安心安全の除菌・消臭スプレー【次亜塩素酸で除菌・消臭 ジアポケット】

【ポイント最大25倍】次亜塩素酸生成器 ZIApocket (ジアポケット)【正規品】

価格:18,480円
(2019/10/6 16:34時点)
感想(0件)

インフルエンザにかかってしまったら

①重症化を予防しなくてはならないので、

 すぐに医療機関を受診しましょう。

 

②抵抗力・免疫力を回復させるために、

 十分な睡眠が必要です。

 

③水分をたくさん摂りましょう。

 

④自分に合ったサイズのマスクを着用して、

 感染拡大を防ぎましょう。

 

まとめ

インフルエンザが流行するまえ(年内に)

予防接種を完了させましょう。

また、空気が乾燥してくるとウイルスが飛び始めます。

部屋の湿度に気を配り、インフルエンザが流行しだしたら、外出時はマスクを

着用して、手洗いうがいをしっかり行いましょう。

 

よく寝て、栄養をしっかり取って、手洗いうがいをすると、子供の時から言われている基本的なことですが、今一度、自分でできているか見直してみてはどうでしょうか?